スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

バリューを出すために

この記事は、Pepabo Managers Advent Calendar 2016の25日目の記事です。

24日目は、技術部インフラグループtamonさんによる「変化の必要性」でした。

 

ペパボ内部監査室マネージャーのあすきーです。

みなさん、クリスマスをいかがお過ごしでしょうか。

 

まずは、簡単に自己紹介します。

 

さかのぼること20年、大学でスペイン語と言語学を学び、
その後、弁護士を目指してロースクールに通い、数年のチャレンジ期間を経て、
180度方向転換し主婦になり妊娠出産したのち、アキバのIT企業に入社してあやうくメイド服を着そうになったりしながら管理系の仕事を経験、

今から約5年前、縁あってGMOペパボ(当時paperboy&co.)に内部監査のスタッフとして入社、12月1日からマネージャーをやっています。

 

最近ハマっているのは、焼酎のお湯割り梅干入りとソース焼きそば目玉焼きのせ、
心の友はエリンブロコビッチと蜷川実花さん、
38歳一児の母です。 

 

 

さて、みなさん、内部監査と聞いてどんなイメージをもたれるでしょうか?

ひょっとして、「めんどくさい」とか「偉そうだ」とかあんまりいいイメージをもたない人もいらっしゃるのではないかと思います。

つい先日もペパボ総務マネージャーのwajimafさんから、「内部監査に話しかけられるとドキッとすんだよぉぉ脅かさないでくれよ〜」と言われたりたばかり。悲しいですね。まあみんなそう思ってるんでしょうね…。

(ちなみにwajimafさんの記事はPepabo Managers Advent Calendar 201619日目「ラーメン屋さんをアドバイスするときに大切にしていること」です)

 

 

私は、内部監査の立ち位置からどうペパボに貢献できるかを考えてきました。

今日は、内部監査がバリューを出すために必要なこと、について日頃感じていることをお話しします。大切にしたい4つのこと内部監査室バージョンです(ペパボでは、大切にしてほしい3つのことを決めています)。
一般的に内部監査は、

 

「組織体に価値を付加し、…アシュアランス(保証)とコンサルティング(助言)を行い、
組織の目標達成を支援する」

 

と言われます。

 

では、内部監査が組織体に価値を付加し、目標達成を支援する(つまりバリューをだす)ためには何が必要なのでしょうか?

 

私は以下の4つなのではないかと思っています。(組織によって内部監査の有り様も異なると思いますので、あくまで個人の考えです。)

 

.螢好オフィサーとしての視点をもつ〜些末なリスクに心を奪われるな、俯瞰せよ〜
 

細かいところに気を取られ、「木を見て森を見ず」になってしまうと、組織の目標達成を支援するどころか阻害してしまいます。

内部監査の結果だけでなく、リスク全般を把握し、会社として打つ手を提案するべきです。

 

 

機動的に動く〜問題点を指摘するだけが仕事ではない、実行までフォローせよ〜

 

問題点を指摘したら自分の仕事は終わりというスタンスでは、改善の効果を確実にすることはできません。

指摘を受けた被監査部門はどうしたもんかと困っているかもしれません。

執行部門と連携し、必要とあらば体制構築を支援できる実行力をもつことが必要です。

 

 

7从儿舁性の視点をもつ〜内部監査はビジネスの足を引っ張る存在ではない、ビジネスパートナーとしての自覚をもて〜

 

指摘や提案が遠回りだったり的外れでないか?組織体の目標達成に不可欠なものか、または得られる便益に比してコストがかかりすぎないかの検証が必要です。

 

 

ざ遒厩み寺としての役割を担う〜個に頼られる存在であれ〜

 

なにかあったら相談にきてもらえるような雰囲気作りをすることも大切です。コミュニケーションをサボってはいけません。 

 

 

バリューを出しかつ、身近で開かれた内部監査室でありたいとおもっています。

 

今日はこの辺で!メリークリスマス!

 

 

 

 

 

 

1